SSブログ

HGUC シナンジュ MSN-06S ガンプラレビュー [HGUCガンプラレビュー]

今回は久しぶりの奥様作成のガンプラです。

シナンジュ (1).JPG
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)に登場するシナンジュです。

以前にBB戦士のシナンジュを紹介しましたが、シャー専用モビルスーツを彷彿とさせるカラーリングで装備や雰囲気も私の大好きなサザビーに似ています。

本当は私が作りたかったのですが、翼がついているように見えるため羽根好きの奥様にとられてしまいました。

シナンジュ (2).JPG
それでは、れっつガンプラレビュー!

スポンサーリンク


シナンジュ (3).JPG
前後です。

わたしの好きなマッシブ系です。
特に腕の彎曲したデザインが、細身なのにマッチョな雰囲気を出しています。

ガンダムUCに登場するネオ・ジオン軍のモビルスーツは黒地に金の塗装が豪華で印象的ですね。
(塗装費用だけでかなりのコストと思われますが・・・)

シナンジュ (4).JPG

シナンジュ (5).JPG
ふざけてるわけではございません。
一応可動の状態を紹介しておこうと・・・
・・・(・∀・i)タラー・・・

肘とひざは90度以上曲がります。
ただひざは、いくらでも曲がっていくのですがそのまま行くとスポンと腿から抜けてしまいます。

シナンジュ (6).JPG

シナンジュ (7).JPG
ビームライフルとシールドを装備しました。
シールド内部には、ビームアックスとグレネードランチャーを収納することができます。

シールドのデザインもサザビーのシールドとそっくりです。
ブログを書いていて、比較画像をとれていない自分が情けないです。

スポンサーリンク




シナンジュ (8).JPG

シナンジュ (9).JPG
このシナンジュ、もともとは地球連邦軍のデータ採取用の試作モビルスーツです。
アナハイム・エレクトロニクス社の貨物船からネオ・ジオンの手によって強奪れた機体です。

シナンジュ (10).JPG

シナンジュ (11).JPG
ビームライフルにグレネードランチャーを装備。

もともとデータ採取用の機体だったため、一般のパイロットでは到底扱うことのできない「極めて端的」な調整がされている機体です。

シナンジュ (12).JPG

シナンジュ (13).JPG

シナンジュ (14).JPG
ビームサーベルは2本付属。
腰がボールジョイントになっているので、ひねりはばっちりです。
肩も引き出せるのですが、ショルダーアーマーが干渉してしまい思ったほどは出せない気がします。

シナンジュ (15).JPG

シナンジュ (16).JPG

シナンジュ (17).JPG
シールドに収納されたヒートアックスを展開して刃を出した状態にすることができます。

このシナンジュを駆るのがシャアの再来と呼ばれる、フル・フロンタルです。
最初見たときは「シャアはやっぱり生きていた!」ネタかと思いましたが、シャアを意識した強化人間でした。
シャアの再来というよりシャアの亡霊に取りつかれたといった方がいいんじゃないでしょうか。

実際、サイコミュの影響でニュータイプの意識は宇宙に漂っているようないないような記事を見たことがあります。

シナンジュ (18).JPG
ヒートアックス二刀流。
出力の調整で、アックス状にもサーベル状にも変えることができます。

シナンジュ (19).JPG
さらに2本つなげて、薙刀モードにも!
ヒートアックスのアレンジがいろいろ楽しめます。

スタイルや可動を見ても、このシナンジュにはかなりの気合が込められているように感じました。
残念だったのは、ロケットバズーカが付属していないことと平手が付属していないことです。
バズーカはよいとしても、平手だけはつけてほしかった!
これがあるのとないのでは、キットの表情が全く変わってきます。

バンダイ様、これからは平手をよろしくお願いします。

シナンジュ (20).JPG
ではまた!

スポンサーリンク




新着記事



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。